View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

P.M.SCOP “MAYBE WRONG” CDR
型番 WS045
販売価格 Sorry! Sold Out 

ジャケットがハンドメイド仕様のため、現在生産を停止させていただいております。しばらくお待ちください。

マスター音源に起因したノイズが10曲目にあります。また、ボーナストラックの11曲目から14曲目はマスター音源紛失のため、1stデモテープをリマスタリングしたものになっておりますので、若干のノイズや音のゆがみがあります。これは不良ではございませんのでご了承ください。

※ジャケの画像はあくまでもイメージです。実際はハンドメイド作成です。
※Tommyさんによるアナザーヒストリー付きです。

for fans of: P.M.SCOP、PARASITES、FASTBACKS(1曲激似の曲ありw)、JEJUNE、GIRL POP PUNK、ギターポップ、パワーポップ

僅か100枚というプレス数でリリースされた90’sジャパニーズ・メロディック / ポップパンクの裏の歴史!誰が喜ぶがわからないけど、ガールポップパンクバンドP.M.SCOPのディスコグラフィーに1stデモ4曲を追加して、完全ディスコグラフィーとして完全限定リリース決定!

キミはP.M.SCOPを知っているか?!96年結成、2000年解散。リアルタイムを当時過ごした人達にとってはFUN FUN ATTITUDE(現・SEE HER TONITE)、NOBODYS、TEENAGE BONEHEADS、BUTTER DOG等といったしょっぼいバンドから、GO、ENVY、HOLiDAYS、PIGGIES、BREAKfAST、YOUR SONG IS GOOD、DOUBLE、FUCK ON THE BEACH、THE般若(現・漁港)等といった当時から現在も活躍している大御所バンドまでと、さらっと対バンしちゃってる割に活動期に目立たなかった印象を持っている人もいるのでは。
だけどこのバンドすごいんですよ、結成して、すぐにレコーディングした1stデモテープを丁度その時、初来日していたPARASITESのデイブに渡したところ、彼が速攻気に入りAMERICAN POP PROJECTからリリースされたコンピ”Japan Punk Kills You”にAUTOMATICS、PLAYMATES、FIRST ALERT、MACH PELICAN、ROCKACHORDS、NAILS OF HAWAIAN等と共にいきなり収録決定(まじでこれには嫉妬した)、さらにその反響により今度はSKIPPYからシングルをリリース(これにはさらに嫉妬!SKIPPYは90年代を代表するレーベルの一つだと今でも信じてる)とバンド結成から順調にスタートしていってる。と、当時自身もバンドをやっていた俺はいつか足を引っ張ってやろうと狙っていた(笑)。だってBOOZ NITE*とかにも出演しちゃってるしね。
(*BOOZ NITEは当時Wattsで平日企画されていたのにいつもお客さんが入ってた怪物企画。)
そして一番驚いたリリースが、なんと日本を代表するハードコアレーベルSELFISHからリリースされた作品。あのSELFISHがP.M.リリースしてるんだよ。僕は中学生のころから聴いていた音源の多くがSELFISHからリリースされていたのでホントにショックでしたよ。しかも他に収録されているのが、今じゃ世界的に評価されてるMELT-BANANAだよ!!!
いやーこれ完全に敵わないなと諦めてましたよ。そしたらその翌年の2000年伝説の『キクレコ祭り』においてあっさり解散(爆)。あっさりにしても、あっさり過ぎるだろうってなんともあっけない解散。これから俺の時代が来ると思っていたら自分のバンドも解散しちゃいました!
P.M.SCOPはギターポップ、パワーポップを基本として当初結成されたバンドだと思う。初期の作品は弾けるようなキャッチーさと日本人らしい人懐っこいメロディー。4人が楽しそうにやっているというのが音から通じる。特に1stデモの曲は音質や録音のバランスも悪いけど、すごい楽しそうだっていうのが伝わってくるんだ。
後期になってくると当時USからジワジワと浸透してきたEMOサウンド(特にJEJUNE)を彷彿させる全く別のサウンドに傾倒していく。個人的には後期の音源も好きです。曲も長く練られてきて、最初のキャピキャピ感は一切なくなって大人になっていくんだ。でも、恐らくJEJUNEの様なサウンドを日本でやったのは彼等が初めてだったんじゃないかな。
今回リリースする音源は、恐らくみんな知らないと思うけれど、彼等が解散後リリースしたAFTER P.M.という音源が元になっています。リリースされなかった後期の音源に、彼等が選曲した初期のベスト音源。僅か100枚という少数でリリースされたので、速攻で廃盤になってしまった。さらにメンバーの遠藤くんのWEBのメールオーダーのみで販売だったから知らなかった人も多かったのでは。そういうこともあり、いつか機会があればリリースしたいなと思っていた。何故ならAFTER P.M.には、1stデモの曲を収録してなかったから。
時は流れ、いつの間にかTOMMYさんと一緒に仕事をするようになった。そしたら思い出した。TOMMYさんP.M.のボーカルだったじゃないかと。その後、TAKAHASHI GUMIのSHIVA THE GREATの車に乗ったらP.M.SCOPが流れていた。さらにその後、P.M.SCOPの他のメンバーに偶然立て続けに会った。それに俺の友達のBBってやつがP.M.のベースのメグっぺに恋してた時期があったことも。
あっこれはもうリリースしろってことだなと納得した。それが今回の作品です(笑)。
AFTER P.M. 全10曲に、メンバーが恥ずかしくて嫌だ、デモテープすら持っていないと言い張った1stデモテープ。僕、全音源2枚(本)づつ持ってるもんってことで、そのデモに収録の4曲を追加して全14曲。スタジオに入って、せこせこ必死にデジタルマスタリングし、ここに完全収録。これにてP.M.SCOPのヒストリー補完終了!ふざけて書いたけど、ホントにいいバンドなのでお願いします。
みんなに聴いてもらいたいけど、誰にでも聴いてもらいたいのではなく、このバンドの名前を聴いたことがあってAFTER.P.M.探したけど見つからなかった人など、とにかく聴いてみたいと思ってくれた方に聴いてもらいたいと思って作成しました。なのでWORLD TODAYで懲りたハンドメイドを再度やりました。

視聴はこちらでできます。

収録されている各音源についての詳細はこちらへ。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける