View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

JUNE AND THE WELL "GUDIYA" CD
型番 WS131
販売価格 1,200円(税込)
購入数

90年代イタリアのメロディックシーンを牽引したMILES APARTとSUBURBAN NOISE、2バンドのメンバーが合体したJUNE AND THE WELL待望の新作登場!2013年にリリースしたデビューアルバムでイタリアシーンでも話題となり、再結成を果たし日本ツアーも大成功に終えたMINERALのイタリアツアーのサポートアクトに逆指名され、MINERALのメンバーにSENSE FIELD meets SAMIAMと絶賛されちゃったんですよ。んでもって現在のイタリアエモシーンで注目のバンドとなってるんです!フルアルバム以降、バンドとしての実績を重ね産み落とされた今作はEVERSOR / MILES APARTのフロントマンLele Morosiniはレコーディングには参加しておりませんが、代わってEVESOR / MILES APARTのStefano Tombari(ギター、ボーカル)が加入、前作同様MILES APARTのLuca Bartolucci(ドラム)、SUBURBAN NOISEのLuigi Selleri(ボーカル、ギター)にThomas Koppen(ベース)という布陣で完全バンド編成でよりメロディック度もあがっております。余談ですがLeleはレコーディングには参加していないだけでライブには参加しているそうです。
後期MILES APARTサウンドを更に進化させ90'sエモ/インディーロックまっしぐらなサウンドで特にREVELATIONのTEXAS IS THE REASON、SENSE FIELDやSAMIAMを彷彿させる泣きのエモーショナルメロディックを奏でている。女性コーラスもゲストで参加しており4曲目のS-LOWの男女掛け合いはJEJUNEをも彷彿させる美しきエモ!メロディック、エモ、インディーロックファンに激オススメ!(O)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
この商品を買った人はこんな商品も買っています