View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

SPAZZ "DWARF JESTER RISING" LP
型番 625230
販売価格 Sorry! Sold Out 

POWER VIOLENCEの波は必ず周期的にやってくるもので、94年リリースのこの名盤がいつのまにか高額になってて驚いたものです。その再評価もあってか日本ではお馴染みメンバーであるドラムのマックス625が自身のレーベルから再発!オリジナルとはジャケも少し変わりました!ヴォーカルとコーラスの声色を変えた掛け合い、ショーットかっとながら1曲に詰め込む展開のお蔭で一切ダレることなく1曲、1曲が最高にカッコいいというPOWER VIOLENCEの金字塔と言っても良いこのアルバム。当時はライブやるよし音源作る方が楽しかったとフロントマンのクリス・ドッヂが言ってましたが、レコーディングは勢いをそのままのせたが当時は良かったものの何年も経って聴き直すとやはりこうしたかったとなる訳でバンド意思がリマスターで蘇るってのはファンにとっても最高でしょう!FASTCOREやPOWER VIOLENCEはその猛烈な速さと一瞬の凶暴な爆発力が最大限の魅力でありますが、正直似たり寄ったりな曲になってしまうのでアルバムを聴くにはなかなかしんどかったりもしました(笑)しかしSPAZZはサンプリングを挟んだりカンフーをモチーフにしたりなど遊び心を入れたお蔭で曲がダレることなく、かといってSTIKKYのようにPOPではなくPOWER VIOLENCEの名に相応しい音の塊を生んだのです。CHARLES BRONSONやMK-ULTRAなんかかなり影響受けたでしょうね。NEOSやINFESTの発展型がSPAZZやPOWER VIOLENCEを生んだって名言すぎるわ!(R)


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける