View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

DEALING WITH DAMAGE "DON’T GIVE IN TO FEAR" 7"
型番 BTRC7-114
販売価格 1,000円(内税)
購入数

STUPIDSに始まり、BAD DRESS SENSEやCHOCOLATEそしてSINK等々数多くのバンドでその名を耳にしたお馴染みエド・シュレッドがヴォーカル/ギター を取る新バンド!K-LINEが終わって大分経ちますでしょうか。この新バンドもメンバー3人がK-LINEという布陣ですが、やは りエドにはこれしかない!というか大好きなんでしょう中期DCHCが。FUGAZIはやはり彼の基本なんだろうなと思わせるサウンド に、UKらしい地味、いや渋いメロディーが合わさってこれはなかなか良い仕上がりです!そしてK-LINEの頃のようなまんまDCサ ウンドからも脱却!ま、ONE LAST WISH、RITES OF SPRINGも変わらず過りますがオリジナリティーが増しました!かと思いきや途中からSTUPIDSを思わせるハードコア・ナン バーからあのメロディアスなSTUPIDSに雪崩れ込む曲もありと、復活したSTUPIDSが素晴らしいアルバムを出したことへのエドなりの返答でしょうか?(笑) サウンドが幅広いことやっててこれは良いバンドなんじゃないでしょうか。ジャケットは相変わらずダサいの一言に尽きますが、もうこれ はしょうがないんです(泣)聴けば納得の内容重視でお願いします。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける