View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

SMOKING POPES "INTO THE AGONY" CD
型番 AM318
販売価格 Sorry! Sold Out 

※デジパック

おいおいおい、このバンドも完全復活っす!Johanns FaceリリースでMass Giorginiプロデュースで93年に1stアルバムをリリース、アメリカではその後メジャー移籍を果たすなどすげー人気出たんだけど、日本ではポップパンクでないし完全メロディックでもないしということを気にする人が多かった時代故に一部の人からしか評価されなかったんだけど、このバンドむちゃくちゃ良いよ。WEEZERの「BLUE ALBUM」よりも1年早い時点でWEEZERっぽいことやってたんですよ。ポップパンク、メロディックの要素もありでそこにパワーポップなメロディーも搭載してて、個人的にはHAGFISHとかそういうDESCENDENTSフォロワーなバンドとも共通項あると思う。いっ時SEE HER TONITEの佐竹となんでこのバンド人気でないんだろう?って話をマジでしたことがある(笑)シカゴのバンドなんでやっぱりシカゴメロディック好きな人のツボに入るメロディーだと思うし、初期WEAKERTHANSやPAINTED THINのような優しいメロディック好きな人も気に入ってもらえると思う。このアルバムで気に入ってもらえたら、過去のアルバム中古で安く見つけられると思うから遡って聴いてみてもらいたい。3曲目の"Amanda My Love"のサビのメロディーの落とし方抜群!ファズギターとキラキラ感あるギターいまこそ評価の時代が来るか?!やっぱここ最近のAsian Manのリリース神懸かってるな。(O)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける