View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

Vindictives(Japan) "Template girl" CD
型番 selfrelease
販売価格 880円(税込)
購入数

※デジパック

アメリカにも同名バンドいますがこちらは日本のVindictives!まだライブはできていないにも関わらず音源リリース前から話題になってます!Littersで活動していたカナちゃん(過去にはElmoc、Jayvee、malegoatのタナベとのIdentity Crisisもやってました)が、元Jack the nicholson'Sのアユミさんに、バンド未経験者2名とともに結成し、これが初音源となる3曲入り!バンド名はSLITSの曲名からだそうです。初めてオープニングナンバーのイントロを聴いた時はDEVO?となったけど、すぐに攻撃的なギターとトランペットが鳴りメインボーカルとコーラスのリフレインがすぐに耳に残る初期衝動を感じるロウで激しいパンクロック。続く2曲目がスピードよりも勢いを感じるストレートな70'sパンクロックナンバー!でも一筋縄でいかずトランペットが途中で入ってくるあたり、このセンスはフィンランドのバンドにも通じると思う。トランペット兼メインボーカルYAKAMOさんの声はバンド未経験者だったとは思えないくらいに堂々としてて存在感ありまくりで、そこにLittersでメインボーカルをつとめていたカナちゃんがコーラスに回ってるので、この2人の絡みがツインボーカルみたいになっているのがいいね。2曲入りの初音源、しっかりとしたプレスCDで驚きました!(O)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける