View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

SPLIT WALLY / 3RD YEAR FRESHMEN 7"
型番 CREEP017
販売価格 Sorry! Sold Out 

※長年に渡り倉庫に眠っていた音源なんで盤に埃ついてたり、若干の反りが生じてるのもありますが再生はできますのでご了承下さい。全て一度も再生されたことのない状態でのデッドストックなのでノーリターンでお願いします。

WALLY大好きと叫ぶあなた!最高です。今すぐに友達になりましょう!まじでだよ。95年にリリースされたこの作品はこの後の彼等のHARDCOREへの変身はまるで息をひそめるかの如くすさまじいまでにPOP+FASTそしてラブリーな一枚。この時期は男女ボーカルで、おれのハートぐいっと鷲掴み!DISCOUNTを聴く前にこのバンドを聴いてしまっていたのでDISCOUNTにぐっとこなかった。。。SARGEのDEAR. JOSIEをさらにPUNK的にした感じ???いやもっとすげー。
まずは同郷のバンドMR.YUKに捧げた、まんまのタイトルの”MR.YUK”で幕開け。15年以上時を経ても未だにスネアドラムのダダダダダで始まり、いきなり最上級のガールズボーカルで失神させられる。そんで後ろのギターはFOR SALEばりに高音コードギターなんですもの。これずるいよ。次の"SPOT THE HIPPY"はキラーギター単弦で始まり疾走感溢れるサッドパンクチューン。んでサビのスポットザヒッピーの掛け合いボーカルでごはんを山盛り5杯いただいて、展開があってその後のキラーギター単弦再びで思いっきり天上界にもってかれる。多分一生フェイバリットソングの上位に居続ける事は間違いなし。ラストはハードコアチューン”BIFFCORE”で自宅モッシュピットの出来上がり。おれの中では男女混成ボーカルバンドのトップに未だに居続ける作品です。3RD YEAR FRESHMENは今じゃ珍しくなくなったけど当時にしては珍しかったフォークパンクで、こちらもまあまあいいよ。でもこの作品は対戦相手悪かったね。誰もこのWALLYにこの音源じゃ勝てないっしょ。とにかく視聴できるところを探せなかったんだけどWALLYの作品の中でも異色の内容なんで、ガールポップパンク、メロディック好きな人は信じて手に入れて下さい。(O)



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
この商品を買った人はこんな商品も買っています