View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

RARE/DELETED/USED
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
600円(税込)
オランダでポップパンクといえばAPERS!2009年リリースの6thアルバム!前作はアメリカのINSURBOADINATIONからも発売されましたが、今作はアメリカのASIAN MANからのリリース!衰え知らずのAPERSですが、kevinさんの声が初期の頃より若干しゃがれて来てる気がして、渋さアップでカッコいいです!相変わらずのキャッチーポップパンクが最高です!
1,100円(税込)
SHAI HULUD、MORNING AGAIN、CULTUREなどで活動するボーカルのDamienが在籍した90年代後半から00年代初頭のフロリダ産エモーショナルハードコアの代表格の98年の1stの限定ピクチャー盤2000年作。
Sorry! Sold Out
インディアナのガールボーカルロックンロールポップパンク2000年作のMUTANT POPリリース!ローカル臭ぷんぷんのガールポップパンク/ロックンロールバンド。ドラムのDave Trevinoは一時期QUEERSにも在籍しました。すぐにいなくなったからJoeの前で酔っ払っちゃったんだろうねwww
Sorry! Sold Out
ペンシルバニアの青臭さが最高なメロディックの97年作1stEP。泣きのエモいメロディーでメロディックファンのみならずエモ好きな人にも人気が高かったSAD & BLUEメロディック!
Sorry! Sold Out
ペンシルバニアの青臭さが最高なメロディックの99年作2ndEP。泣きのエモいメロディーでメロディックファンのみならずエモ好きな人にも人気が高かったSAD & BLUEメロディック!
Sorry! Sold Out
ALL、GOODBYE HARRY、PAVERSのSCOTT REYOLDSが新バンドで復活!!! BLACK FLAG meets BLACK SABBATH & AC/DC!!! この人ほんとタフですわ。年齢を重ねるごとに攻撃的になってきています。AC/DCとJIMI HENDRIXのカバーも収録!
Sorry! Sold Out
あのDOUGHBOYSのメロディーメーカーです!!最重要MELODIC GUITAR BAND、DOUGHBOYSでJOHN KASTNERと共に曲を書いていたBROCK PYTELのソロ!! しかもですよ、これすごいんですよ。ギターにJOHN KASTNERにBIG DRILL CARのMARK ARNOLDが全面参加なんですよ!
Sorry! Sold Out
スウェーデンのガールズヴォーカル哀愁メロディックの98年作1stEP。個人的にはSOUTHPORTの初期と並ぶ渋哀愁メロディック!渋過ぎてSNUFFYからリリースされててもおかしくないSNUFFY哀愁渋メロディック好きならピンとくる音!名作!
700円(税込)
ALL YOU CAN EAT、WHAT HAPPENS NEXT!のDEVONも参加してます。A面はBILLY JOEがいないからやっぱりMIKE KIRSCH色が色濃いPINHEAD GUNPOWDERサウンド。でもかっこいい。B面ではAARON初のメロディックナンバーじゃないの?と当時思いましたが。この2曲は完全にDAG NASTY?FUELですね。
Sorry! Sold Out
オーストラリア・メロディックバンドが96年にリリースした1stアルバム。いわゆるEpitaph、Fatから影響を受けたバンドなのは間違い無いんだけど、やっぱりB級でローカルバンドらしいスキがあってなかなかだと思います。結構良い曲収録されてるんだよな。うん、スピードアップしたBRACKETみたいで良いじゃない!
Sorry! Sold Out
まさにフロリダのVery Small直系B級FAST POP PUNK96年作2nd。普通にLooukout!の初期コンピに収録されてそうなスッコスッコなサクトーパンクっぽいショボポップパンク!
Sorry! Sold Out
80年代から活動するイリノイのロックンロールPUNKの90年作2ndEP。エナジーあふれるギターロックを主体にしながらキャッチーなコーラスワークが耳に残る。声質がこのバンドも特徴あるんでB面のDICKIESのカバーがはまっているのです。実はこのバンド大学の先生に甥っ子がこのバンド好きなんだよって教えてもらった。

1 2 3 4 5 6 7 次へ