View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

RARE/DELETED/USED
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
1,500円(税込)
名作コンピシリーズ。当時新しいバンドを世に広めるシリーズだった気が。SPROCKET WHEEL、MIDDISHADE、BLEW、LOVE MEN収録!SPROCKET WHEELの出だしのギター聞いて俺にも弾けそうって思った人いるよね?w MIDDISHADEさいっきょう!
Sorry! Sold Out
UK INDIEレーベルFIERCE PANDAからリリースされた7"二枚組コンピ。確か、人気爆発前夜のGREEN DAYのUKツアーにあわせてリリースされた音源だったと思う。大盛りご飯をがつがつ食べれちゃうCHINA DRUMの名曲ONE WAY DOWN収録。あーいわなのぉー!他にはSNUFF、WAT TYLERとも親交のあるFLYING MEDALLIONS(DANとか好きな人は気に入ると思う。現在WONK UNITな)に、
200円(税込)
RAMONESトリビュートアルバム。RAMONES公認コピーバンドGABBA GABBA HEYSが全部の演奏をやり、各曲ごとにゲストボーカルがメインを取るという内容です。そんでコーラスは子供がやっているという全くもって意味不明な企画内容です。単順にRAMONESを子供向け番組で流しているようですよ。親が子供に強制的にRAMONES聞かせるみたいなw
Sorry! Sold Out
東京日本語激情的SPLIT!これむちゃくちゃ好きなスプリット!
Sorry! Sold Out
名作1stEP!!!
Sorry! Sold Out
後にSP recordsがリリースすることになるシカゴの4人組パワーポップバンドの2009年作1st。EXPLODING HEARTSに影響を受けた2000年以降のグラム・パワーポップを見事に踏襲した現行USパワーポップサウンド!ドラマティックな展開、キャッチーなメロディー、はじけるような疾走感、そしてふわりと漂う物悲しい哀愁!
Sorry! Sold Out
POST REGIMENTやEL BANDAの日本人気でこのバンドも持ち上がったポーランドのガールズアナーコメロディックハードコアの2nd。母国語の独特なアクセントと切ないメロディーの中にある攻撃性でバンド界隈を拠点に中毒者を多くだした。しかしこの手のヨーロッパバンドの基本はBAD RERIGIONってのも興味深い所ですな。
Sorry! Sold Out
99年作オリジナル盤!LEATHERFACEがUSで今のような評価を得る前に登場しLEATHERFACE直系な激渋なメロディックパンクに、初期JAWBREAKERフレーバーが加わった最強のサウンドはリリース当時日本でも話題になりました。廃盤になってしまっていたのが残念すぎる激良傑作!くっそ名作!
Sorry! Sold Out
レーベルもSNUFFYからANTI NEW WAVESに変わり元FOOD CHAIN、MAN★FRIDAYのシカタ氏がドラムで加入して録音された4th。もう1曲目から大合唱の超名曲“BETTING FOR BROKE PLAYERS”が最高!エモバンドって肩書きはこのアルバムから外れソングライティングとメロディーの良さを確立。名盤。
Sorry! Sold Out
ダッサンでのベースラスト作となった今の所最新アルバム。THREE MINUTEはメロディーの良さがピカイチ。
Sorry! Sold Out
今をときめくINTO IT. OVER IT.のEVANがベース&ボーカル、MIKE KINSELLA(CAP'N JAZZ, JOAN OF ARC, AMERICAN FOOTBALL, OWEN)がドラム、LOOSE LIPS SINK SHIPSのMATTHEWがドラムというシカゴエモスパースターズにより結成されたTHEIR/THEY'RE/THEREの6曲入りデビュー音源!もうこれ作曲してるのは間違いなくEVANでしょう。
Sorry! Sold Out
英国のエモ/マスロックトリオTANGLED HAIRの1stフルアルバム。期待を裏切らないすごいアルバム。テクニカルな演奏が話題になっているけど、彼らの持ち味は何と言ってもメロディーも素晴らしいとこじゃないっすか?AMERICAN FOOTBALL、KARATE、90年代後半のシカゴサウンドを象徴するThrill Jockeyサウンド、それにもちろんtoe好きな人は大好きですよね。

前へ 125 126 127 128 129 130 131 次へ