View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

RARE/DELETED/USED
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
Sorry! Sold Out
LEATHERFACEの復活作ってことで当時は相当沸いた名作SPLIT。SNUFFのオリジナルメンバーであり後にFrankieとPOPEやLEATHERFACEで活動を共にした亡きAndyにこめた名曲に皆涙した。HOT WATERの人気具合を見れば確実に軍配上がっただろうが、やはりLEATHERFACE。彼等のサウンドでアメリカ人を虜にした復活作。
800円(内税)
SCOTT VEGETABLESのHUSKER DU要素が更に加わって、これまででも感じたUK経由のDCサウンドなHDQ、もちろんDAG NASTYにシカゴメロディックなどを昇華させたDAIEI SPRAYとI RECOVERは日本人はお馴染み625主催し、古くはSPAZZ、WHAT HAPPENS NEXT?等々でドラムを叩いたMAX在籍するDAG NASTYスタイルエモーショナルハードコア!
Sorry! Sold Out
アナログオンリーとアナウンスされていたYOUR PEST BANDの3rdアルバムがCD化!昨年リリースされたアルバム"IN MY DOOM"以降、個人的にはツボに入りまくりのパンクロックを鳴らしてくれているYOUR PEST BANDがEPISODE SOUNDSからリリースされた名盤7"に続く待望の3rdアルバム。
1,000円(内税)
WESTONサウンドを作り上げたベース/ボーカルのCHUCK脱退後の今作は古くからのWESTONファンの間では物議を醸した作品の国内盤!これまでのWESTONといったらポップでキャッチーで掛け合いボーカルもありなシンガロングな明るい曲主体であったものの、殆どの作曲とボーカルを取っているのが、前アルバム作成のちょっと前に加入したJimmyメインによる急激な完全POWER POPサウンドへの移行
Sorry! Sold Out
EMOが爆発しかけた時に、いち早くサウンドを取り入れたバンドの唯一のアルバム。THREE MINUTE、THIS WORLD IS MAIN、ゼアイズ(根本弟)とその後のバンドでスタイルを開花させたメンバーからなるバンドで、まだまだオリジナリティーうんぬんを語るサウンドではないにしろセンスを感じる楽曲多数。
Sorry! Sold Out
Boys LifeとのSPLITでお馴染み90'sエモバンドの95年作7曲入りミニアルバム。このバンドもちゃんと再評価してあげてください!
Sorry! Sold Out
Native Nod、The LapseでもありTed Leoの兄弟Chris Leoに、後にJets To BrasilのBrian Maryanskyがやってたニューヨークのインディーロック/ポストハードコアバンドの97年作2ndオリジナル盤。1stの頃は日本人女性ベーシスト安田さんも在籍してました。とにかくChrisのスポークンワードのようなボーカルは癖になる。
Sorry! Sold Out
TEENAGE KICKSでお馴染みアイルランドの70's PUNK代表の2003年の復活作!甘いメロディーは健在!
Sorry! Sold Out
FIFIさん(TEENGENERATE, FIRE STARTER, etx)と、トモコさん (SUPERSNAZZ)そして、オザキさん(SAMANTHA'S FAVORITE, BOYCE)、ウガンダ(THE ピーズ)によるクソ最高なパワーポップバンドの1st&名盤。もうジャケからわかるように70's?early 80'sパワーポップへの愛が溢れてるんですけ、古臭くなく消化しているのがこのアルバム。
1,500円(内税)
リリースと同時にソールドアウトになったシングル。それも当然、現在のスーパーメンツが結成した激良エモーショナルメロディックバンド!だってINTO IT. OVER IT.のバンドスタイルの曲まんまなんだもん。INTO IT. OVER IT.、BRAID、HEY MERCEDES、CASTEVET、EVERYONE EVERYWHERE好きな人は間違いないです!内容は完璧です!エモ、メロディック両方の人を満足させてくれると思うので。
Sorry! Sold Out
SHREDDERの名物コンピ7"シリーズに2回も登場してるのはCRIMPSHRINEとこのバンドだけ!88年に唯一残した7曲入りミニアルバム。貴族のような出で立ちのボーカルはやっぱり同郷のMISFITSからの世界観の影響がデカかったんだろう。CHEERS PUNKな人は外せないバンド。陰りのあるダークなメロディーはいかにもなニュージャージーサウンドだけど、同時に北欧の感じもするんだな。
Sorry! Sold Out
リリースが全てB級POP/MELODICファンの心を鷲掴みにさせられるグレートレーベルOVER THE COUNTERからリリースされた1stシングルがCRUZの影響下のポップパンクにFIFTEEN影響下のメロディックが融合してて、くそかっこよくて血眼に他の音源を探すきっかけになったな。OVER THE COUNTERのコンピも意外と簡単に入手できたんだけど一番時間がかかったのがこのアルバムかな。

前へ 135 136 137 138 139 140 141 次へ