View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

EMO/INDIE ROCK
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
748円(税込)
オージー産エモ/メロディックパンク/インディーロックバンド。1曲目を聴く限りはSEBADOHやARCHERS OF LOAFみたいなヘロヘロ加減なんだけど、それ以降はSMALL BROWN BIKEを思わせる。FORMER CELL MATES、BLCOKO解散後のバンドSEVENS & NINES好きな人も
Sorry! Sold Out
1曲目の時点でガッツポーズです。待っていた甲斐がありました!これはもうはっきりいってしまうけど、WEEZER好きな人大好きだと思います。90年代以降のパワーポップやエモも吸収した極上のポップ/メロディックギターアルバム!INTO IT. OVER IT.やTIGERS JAW好きな人も
769円(税込)
これはシューゲイズじゃないのか?!ファズギターにディレイ、そして浮遊感。これは勝利です!逆にホント今じゃ新鮮なバンド。アノラック/ギターポップ好きな人もこれ好きでしょう。疾走感もばっちりで90年代初頭のUKメロディックギターバンド好きな人も驚くと思います。
1,320円(税込)
TENEMENTのうれしい未発表デモ音源がCD盤でも正規リリースされました。やはりDESCENDENTS影響下のポップ/メロディックパンクがグンバツなんです。そしてそこに時折ぶち込んでくるGUIDED BY VOICES、FURTHERなインディーな曲も
Sorry! Sold Out
ガラっと一気にスタイルを変化(深化)させた作品。REPLACEMENTSも見え隠れしてますね。前作が男臭い哀愁だったのに対して今作は泣きの哀愁になってるんです。切ない気持ちになりたい時、寄る一人で孤独を感じたい時このアルバム泣けます。
Sorry! Sold Out
2ndアルバム以降の彼らの姿とは異なりシワガレ声で熱く疾走感のある哀愁メロディック!SOCIAL DISTORTION、LAWRENCE ARMS、GREAT St. LOUISを感じさせるサウンドで渋いっすね。これ2000年以降のUKメロディックファンも全然いけると思います。2nd以降の彼らの泣きメロももちろん大好きなんだけどこの時点のサウンドもありだと思います。
1,711円(税込)
2018年の今聴き直しても名盤でした。1曲目の時点でガッツポーズです。待っていた甲斐がありました!これはもうはっきりいってしまうけど、WEEZER好きな人大好きだと思います。90年代以降のパワーポップやエモも吸収した極上のポップ/メロディックギターアルバム!INTO IT. OVER IT.やTIGERS JAW好きな人も
Sorry! Sold Out
PIANOS BECOME THE TEETH、SADDEST LANDSCAPE、WE WERE SKELTONSと並ぶTOPSHELFハードコア看板バンドの一つCARAVELSの自主リリース作品に3曲追加して再発されたデビュー音源。ラスベガス恐るべし!
2,508円(税込)
うきうきと切なさが同居していて聴いてるとワクワクが止まらんです。まさにエモリバイバルで、恐らく当人たちは世代的にALGERNONなんかに影響を受けたんではないかと推測できるけど、この声質、メロディー、コーラスの入れ方、ギターのアルペジオはPOP UNKNOWNなどの
Sorry! Sold Out
KNAPSACK、SUNDAY'S BESTのメンバーによるJEALOUS SOUNDもHOT ROD CIRCUITに続いて再始動開始!相変わらずのキラキラメロディーミドルの美メロ系が好きな人はきっと気に入っていただけるのでは。好きだったバンドがちゃんと再始動してくれるのは嬉しいな。
Sorry! Sold Out
SUNNY DAY REAL ESTATE、MINERAL、CROSS MY HEART、DISMENBERMENT PLAN、JETS TO BRAZILからDCファンまでズブズブと引きこまれていくと思います。悲しくなったりウキウキしたりいろいろな感情にさせてくれる。こういうアルバム作れる人ってすげーよな。
1,518円(税込)
90'sエモムーブメントから現在も現役のまま活動を続けるバンド。一曲一曲が練りこまれていて全体のバランス感覚が相変わらず抜群ですな。強すぎず弱すぎない絶妙なメロディー。そしてボーカルは弱さも強さも兼ね備えていて完成度むちゃくちゃ高い!

前へ 122 123 124 125 126 127 128 次へ