View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

RARE/DELETED/USED
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
800円(内税)
この時代の国内盤のブックレットは印刷の拘り含めて金かかってるわ!言わずもがな88年の名作1st!ブリットポップなんて枠を吹っ飛ばしてパンクスも聴いた方がいいバンド!キラキラしたエモ好きも堪能してくれ!歌声で死ねる!ホント素晴らしい!
Sorry! Sold Out
1stシングルからラストシングルまでのシングルをまとめた編集盤!ブリットポップなんて枠を吹っ飛ばしてパンクスも聴いた方がいいバンド!キラキラしたエモ好きも堪能してくれ!歌声で死ねる!ホント素晴らしい!
Sorry! Sold Out
自腹で来日もかつて果たしているSTINKが97年にALLIEDからリリースした2ndアルバム。MUTANT POPを始めとして色々なレーベルからリリースをしていたが思いのほか売れなかったな。アメリカのバンドなのにNO WHEREとかAMAZING TAILSと同じ匂いのするもろ北欧MELODICだもんな。
400円(内税)
98年作9thアルバム。BEN WEASEL以外ほぼメンバーチェンジによってレコーディングされた音源!
200円(内税)
LTD100採算度外視のリリースが衝撃だった所沢のLEATHERFACEスタイル哀愁メロディックの2ndEP。ギターが歪み過ぎてノイズを被せた感じなのはあえて狙っているのか?C級哀愁メロディックな雰囲気は確かによく掴んでますね。驚異的なバランスのミックスにここまでカルト的録音をアナログに刻むバンドもそうそういないある意味凄いバンド。
Sorry! Sold Out
THE MODERN MACHINES、USED KIDSのNATEによるルーツ色色濃いアメリカンロック/メロディックバンドの2011年の1stEP、KINF FRIDAYとのSPLIT、2013年のYOUR PEST BANDとのSPLITをまとめた編集盤!USED KIDSの後期で見せたルーツ・ミュージックをさらに追求してブルース、カントリーを吸収したサウンドはREPLACEMENTS〜SOCIAL DISTORTIONを感じさせる正にしっぶーい内容!
1,200円(内税)
元々は89年にROUGH TRADEがリリースしてた12"が97年に10"で再発。
Sorry! Sold Out
自主で出た99年作1stにI EXCUSEとのSPLITを加えた6曲入り。1stEPは女性コーラスがあったりまだまだ実験的曲もあり全曲哀愁ではないものの、元々ハードコア好きな連中が始めたバンドらしいHUSKER DUからの影響が手さぐりで感じられる好盤!SPLIT音源はもう完璧な哀愁メロディックで最高!
Sorry! Sold Out
BROADWAYS以降ずっと個人的に買い続けているバンド!ex-BROADWAYSのメンバーによる掛け合いのイーストベイサウンドを突き進めてるサウンドですが、メロディーセンスが抜群だと思います。シカゴ出身なだけあってシカゴメロディックサウンドちゃんと反映させてるし。初期のサウンドの方が荒さがありますけどリリースごとに成長を続けているんで後の音も聴いてもらえればと思います。
Sorry! Sold Out
ハイスタ系やSNUFFY系のバンドともよくライブしてた哀愁メロディック。英語の発音は日本人丸出しで駄目だけど歌心あるメロディーはBEYONDSなんかに通じる!懐かしい!
Sorry! Sold Out
数々のリリースでおなじみのConnie Dungsのシングル等をまとめた編集盤!Screeching Weaselタイプの Snotty Pop Punkですが、そのメロディセンスは素晴らしく、本作では少しスピード抑え目な分さらにそのよさが際立ちます。最後の曲なんてエモーショナルアプローチなんて陳腐な表現はしたくないしょっぼいポップパンクバンドからの脱皮が伺えるメロディック!pre-A RADIO WITH GUTS!
Sorry! Sold Out
数々のリリースでおなじみのConnie Dungsの通算3枚目のアルバムはその音源のほとんどのリリース元であるMutant Popから。Screeching Weaselタイプの Snotty Pop Punkですが、そのメロディセンスは素晴らしく、本作では少しスピード抑え目な分さらにそのよさが際立ちます。最後の曲なんてエモーショナルアプローチなんて陳腐な表現はしたくないしょっぼいポップパンクバンドからの脱皮が伺えるメロディック大作!pre-A RADIO WITH GUTS!

前へ 284 285 286 287 288 289 290 次へ