View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

EMO/INDIE ROCK
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
2,080円(内税)
フランス産激情ハードコアバンドAMANDA WOODWARDのボーカリストGeromeが現在在籍しているポストハードコアバンドROUILLEの待望の新音源がリリース。6曲入りだけど2ndアルバムという扱いみたい。ミドルテンポで激エモーショナルに展開される曲。フランス語で泣き叫ぶボーカルに、コーラス、そして印象的なフレーズを奏でるギターワーク。
Sorry! Sold Out
WILD ANIMALS/ENOCH ARDONのフォンが URA、ORCHIS SIMIA、EQUILIBRIOのメンバーと結成した女性ボーカル擁するネオクラストパンクバンドHYENAの7曲入りデビュー音源のアナログ盤。EKKAIA、TRAGEDY、激情ハードコアなんかを思わせる緊張感のあるサウンドにリズムチェンジを多用し轟音と絶叫でグイグイ引っ張っていく。500枚プレスなのにすでに今回入荷分がレーベル最後のストック
Sorry! Sold Out
アナログも到着!WILD ANIMALSのギターボーカルJamieによる別プロジェクト。エモ/インディーロック/パワーポップを同時に愛聴している方はぜひこの作品を聴いて欲しい。目を閉じるとスペインというよりも英国の空が思い浮かぶ。本当に良いメロディーが全編鳴り渡るずっと聴いていけるアルバムになっているよ。
900円(内税)
※プレオーダー!malegoatのタナベマサルがやっているLIPUPSのニューシングルが出たよ!ポスト・パンク、ガレージ、パンクロックをタナベ流にグチャグチャにして吐き出したサウンドなんだけど、もしかするとこれまでの作品の中で一番ポップなメロディーなんじゃないだろうか。malegoatとは全然違う流れるようなギターワークも面白い。特に3曲目"Hint"の脱力感の中でのBメロのリズムがすっげー大好きで悔しいことに癖になる。
1,600円(内税)
現在進行形のスペインエモシーンのメンバーが集まりスペイン国内ではかなり注目されている、WILD ANIMALSのギターボーカルJamieによる別プロジェクト。敬愛するThe Beach Boys、American Football、Guided by Voicesからの影響が色濃く出されたサウンドは、エモ/インディーロック/パワーポップをブレンドし極上のメロディーを搭載した清涼感のあるサウンド。本当に良いメロディーが全編鳴り渡るずっと聴いていけるアルバムになっているよ。
Sorry! Sold Out
映像作家Eric SchmanがTENEMENT好きすぎて彼の短編フィルムのための曲をTENEMENTに作りあげてもらった音源集。フィルムでは使用されなかった未発表音源も収録してます。ここで聴けるのはいつものTENEMENTではないです。実験的なサウンド。ってかこういうのも作れちゃうんだね。
Sorry! Sold Out
SKELETAL LIGHTINGからの4 WAY SPLITに参加していたVICTOR SHORESの初のフィジカル単独作品。かなりメロディック寄りになっていてこれは最高!泣きそうなボーカル、そして合唱。エモリバイバルの王道スタイルとくればSNOWING、I LOVE YOUR STYLE、TIGERS JAW好きなメロディックファンも聴いてみて!
Sorry! Sold Out
COUNT YOUR LUCKY STARSからのリリースで注目を集めていたテキサス州デントンのギターボーカルとドラムによる2ピースエモ/ポストロック/マスバンドTWO KNIGHTSが完全に化けました!これまでも転がりまくるリズムチェンジ、美メロに絶叫とそのセンスを聴かせてくれてたんだけど、今作はSNOWINGファンまでも巻き込むことになるんじゃないかな。とにかく演奏は激テクニカル、けれどそこにメロディーが乗り、ちゃんとパンクロックとしてのエモが残っている。これ大事だと思う。
2,080円(内税)
COUNT YOUR LUCKY STARSからのリリースで注目を集めていたテキサス州デントンのギターボーカルとドラムによる2ピースエモ/ポストロック/マスバンドTWO KNIGHTSが完全に化けました!これまでも転がりまくるリズムチェンジ、美メロに絶叫とそのセンスを聴かせてくれてたんだけど、今作はSNOWINGファンまでも巻き込むことになるんじゃないかな。とにかく演奏は激テクニカル、けれどそこにメロディーが乗り、ちゃんとパンクロックとしてのエモが残っている。これ大事だと思う。
Sorry! Sold Out
COUNT YOUR LUCKY STARSのポストハードコアサイドの看板だったTHE REPTILIANの2ndアルバム!3ピースでドラムボーカルによるテクニカルマスロックは相変わらず唯一無二。ダンサブルなんだけど吐き出すように叫び歌われるMVもつくられてる"No Path"は燃える。けれど、ホント彼ら引き出し広くて曲によって全然違った表情見せるんだもんね。
Sorry! Sold Out
エモ/インディーロックKNOLAの5曲入り12"。NO SLEEPからリリースしていたXERXES、MERCHANT SHIPSとMIDWEST PEN PALSの前身バンドWILLIAM BONNEYのメンバー在籍。オフキーすれすれの素朴なボーカルが癖になるエモいけどインディーロックよりのウタを全面に出したサウンドはPEDRO THE LION、KIND OF LIKE SPITTING、TITLE FIGHTなんかを思い出させる。
Sorry! Sold Out
エモ/インディーロックKNOLAの1stアルバム。12"と同路線ながらも前作よりもいかにもアメリカの広い土地を感じさせるダイナミックさがメロディーに出てきてる。オフキーはこのバンドにとってもいいアクセントになっていて、時折顔をのぞかせる絶叫パートとの対比になってるね。けれど個人的にこのバンドはやっぱり伸びやかなメロディーでグイグイくる曲が良いんだよな。