View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

RARE/DELETED/USED
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
Sorry! Sold Out
ペアオブの“ALL UNFIT”って何回使い回してんだよw名曲だからいいけど。頭のFAT RATのクソ名曲からグッとくる最高のオムニバス。SPRAY PAINTの“DISTANCE”の昔のバージョンもスピードは落ちるけどシンガロング間違いなし!I EXCUSEの“AS SOMEONE'S”とかホント名曲だよね。しかもこれデモの音源だから音質がまたヤバいのよ!
Sorry! Sold Out
メロディック好きな人にも人気の高いEBULLTIONといえばな激情エモバンドYAPHET KOTTOの記念すべき1stアルバムで9曲入り。Policy of 3、Iconoclast、Currentを母体として結成されたバンド。二本のボーカルにより掛け合いで絶叫だけではなく歌い上げる部分もありズブズブと音の塊に引き込まれるそれはもうかっこいいバンドでした。
Sorry! Sold Out
CHEERS PUNK!「彼らの最高傑作との評判も一部で高い2NDEP。後のアルバムの1曲目も飾った名曲「DROWNING」からSTEPHEN EGERTONなギターの刻み方が全開で正しく最高!BIG DRILL CARにも通じる楽曲は彼らの評価の低さを考えると納得出来ないんだけど、自分は楽しんでるんで問題なし。
Sorry! Sold Out
名盤1stも良いですがこの2ndもホント名盤!いきなり勢いがついて突進するサウンドはこれまでのVACANT LOTのイメージを覆す衝撃作。PARASITESと並ぶPOP PUNKの名盤!貼り付けてる動画バリの曲がボンボン飛び出す!
Sorry! Sold Out
BEACH BOYS+RAMONES+SURFなイギリスのサーフポップパンクバンドSURFIN' LUNGS"の2005年作13曲入り。ハーモニー絶品でまさにサンセットストリップの光景が瞼に浮かぶそんな楽曲をやらせたら彼らに敵うものはいないだろう。現在もひっそりと活動を続けている彼ら頑張って欲しいです。
Sorry! Sold Out
UKポストハードコアエモの2015年のJAPAN TOURで売られた編集盤。UKメロディック狂からはGROVERとのSPLITで注目したJAYNE DOEのメンバーを母体にしたバンドというのと、SNUFFYからの『BEST PUNK ROCK』第三弾に収録されてたのもあって周知のバンド。
Sorry! Sold Out
ex-MAN★FRIDAYの竹内氏が小千谷に戻り加入後の最強アルバム。何度聴いても色褪せないメロディックナンバーは素晴らしい。このアルバムの出来を超える作品も数少ない後世に語り継がれるであろう屈指の名盤。
Sorry! Sold Out
まさに現在進行形のエモリバイバルの申し子じゃないですかね。ニュージャージー州チェリーヒルから登場の5人組。これがもろにINTO IT. OVER IT.路線のエモーショナルメロディック!2017年の7曲入り!
Sorry! Sold Out
極上エモーショナル・メロディック。もちUSメロディック必聴ディスクにもエントリー!FARSIDE好きな人はどストライクですね。
2,420円(税込)
SECTOR SEXSと言えばこの音源で間違いないでしょう!94年リリースの6曲入りデビューミニアルバム!この作品とこのミニアルバムの次の7"までは最強のトラルパンクを披露し多くの人をびっくりさせたにもかかわらず待望のアルバムでずっこけさせてくれましたね。大名曲"Klubb Europa"含む今作はマジで最強の音源!"S"取っちゃダメというのが世界共通言語ですな。
Sorry! Sold Out
初期LOOKOUT好き、いやPOP PUNK好きなら誰でもチェックしたでしょう。イーストベイスタイルが好きなら皆聴きましたね。こうやって初期LOOKOUT聴き直すとやっぱいいバンドを出しまくったいいレーベルでしたね(過去形)。
Sorry! Sold Out
大好きだぜこのアルバム。ミニアルバムNo Carrots For The Rehabilitated(NOFX最初の来日時にFAT MIKEに聴かせたら失笑してた。。。でも今じゃFATと契約。。。)を1stとカウントすると3rdアルバムとなる今作は今の姿への移行時期に当たる作品でもろにPROPANGANDHIの1stアルバムの様なドタバタ感が格好良過ぎ!

前へ 32 33 34 35 36 37 38 次へ